反り腰からくる腰痛を抱える患者さん

反り腰が原因の腰痛をかかえる女性

腰痛の原因はしっかりと見極めて施術することが大事です。闇曇に痛いところの筋肉を施術してもよくはなりません。この記事では数多く有る腰痛の原因の中から「反り腰」(そりごし/背中が反っていて腰が前に突き出した状態)の患者さんのケースと、反り腰からくる腰痛の改善方法についてお伝えいたします。

反り腰からくる腰痛の特定

この記事で紹介する患者さんは30代女性の方で腰痛と右肩下がりの症状を訴えていました。まずは立って検査してみると、あきらかに右肩が下がっていました。そして反り腰にもなっていましたので、おそらくこれが腰痛の原因になっているのだろうと思いました。

反り腰になっている原因は、骨盤が広がっていることと、骨盤から腰につながる腸腰筋という、おなか側の筋肉の硬さからきていることがわかりました。

反り腰からくる腰痛の施術

腹筋側から腸腰筋を緩める施術と、股関節を緩める施術をしていくことで反り腰の状態が緩和してきました。これらの施術によって腰の違和感は減ったようなのですが、今度は右肩の下がり具合が明らかに強くなってきました。

チェックしてみると背骨の4か所くらいが右側に傾いている状態でしたので肋骨と背骨をしっかりと調整し、両肩の高さ整えました。

反り腰からくる腰痛を改善するには骨盤、股関節等の調整を行う

腰痛がある人でマッサージや整体を受けているけど、すぐに元に戻ってしまう人の多くは、背中側の腰の筋肉を緩めてもらっていることが多いと思います。

ところが反り腰からくる腰痛は、骨盤とおなか側から腰の骨につながるようになっている腸腰筋の影響が大きく、それを知らないと背中側だけを施術して、どんどん反り腰が強くなってしまうことがあります。

反り腰の腰痛を改善するには、骨盤の調整、股関節の調整、腸腰筋を緩めること、横隔膜を緩めること、肋骨を緩めることが大事になってきます。反り腰で腰痛に悩まされている方は骨盤、股関節の調整も行うようにしてください。

  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」グルーポンバナー