産後骨盤矯正

こんなお悩みをお持ちの方にオススメです

  • 出産後の骨盤の開きが戻らない
  • 出産による骨盤のずれ

なぜ起こるのか

妊娠に伴い女性の骨盤は徐々にゆるみ出産時に最大となります。赤ちゃんを出産する際に、骨盤の恥骨結合という恥骨の部分を緩め出産します。産後もその状態が続き骨盤が縮まらない原因として骨盤底筋が伸びている状態で、骨盤を支えることができていないことが考えられます。
元々の生活スタイルにより骨盤の歪んでいる場合もありますが、出産後1ヶ月から半年の間に女性の体は骨盤を縮めようとします。その期間に骨格矯正を行うことで本来の正しい状態まで近づけることが可能ですが、2人目・3人目と出産を骨盤が歪んだ状態で経験するとさらに歪む原因となります。

放置するとどうなるのか

骨盤が広がったままになり、内臓は下がりやすく、身体は猫背気味になります。体型が戻らず下腹が出た状態が続き、尿もれ、リンパの流れが悪く、体の歪みや体の回復の悪さにより老化に悩むことがあります。一人目までは多少お腹が大きくなったかなという程度かも知れませんが、二人目出産の際はさらに広がり戻りにくくなります。出産後1〜6ヶ月の間はゴールデンタイムで、元の状態に戻ろうとしますのでしっかり骨盤に歪みと広がりを整える施術を通じ妊娠前よりも骨盤をしっかりと締めることができます。

療法

筋肉・骨格・骨盤の調整など

施術ステップ

  • お体の状態の把握
  • 骨盤が縮まらない原因となっている箇所をあるべき姿に
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」グルーポンバナー