坐骨神経痛

こんなお悩みをお持ちの方にオススメです

  • 腰から足にかけての神経の痛みやしびれ
  • 立ち上がったり座ったりの際の痛みや違和感

なぜ起こるのか

椎間板ヘルニア・脊椎間狭窄症など神経症状のため、骨格の歪みから神経が圧迫され神経が過敏に反応し起こる症状です。
臀部にある梨状筋・中臀筋疲労といった筋肉が固まったことにより坐骨神経を圧迫し、神経が過敏に反応することで痛みが発生します。
椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛、臀部の筋肉からくるものに分けられます。
筋肉からくる坐骨神経痛なのに椎間板ヘルニアの手術を行い治らないということがあります。
神経症状の場合まず筋肉が正しい状態なのかの確認が重要となります。

放置するとどうなるのか

長年放置すると歩行に困難を生じさせることがあります。常に痛みを感じている状態を放置すると痛みに鈍感な体んなり、更に骨格の歪みの併発やリュウマチへとつながります。

療法

筋肉・骨格・骨盤の調整など

施術ステップ

  • 原因把握 患者様の状態を把握、過去の怪我の経験や触診で原因を究明
  • 原因となっているポイントを刺激
  • 筋肉が張っている部分は緩め緩んでいる部分は調整
  • 身体の歪みを生じさせる骨格や、関節の硬さを和らげる。骨格の調整など。
  • 肩こり・腰痛・からだの悩み根本から改善するならほぐすんへ
  • LINEで相談