ぎっくり首とは?ぎっくり首の症状や原因・対処法について詳しく解説

ぎっくり首が痛む女性

皆さんは「ぎっくり首」という症状を聞いたことありますか?
「ぎっくり腰」はよく聞くと思いますが、「ぎっくり首」という言葉は初めて聞く人も多いと思います。
最近では、タレントの滝沢カレンさんや辻希美さんもぎっくり首になっており、その辛さが話題になっていました。

今回は、そんな「ぎっくり首」とはどのような症状なのか? そして治し方や予防法などについて、ご紹介します。

ぎっくり首は、どんな症状か?

ぎっくり首とは、ぎっくり腰の首バージョンです。
整形外科であれば、急性頚椎捻挫症と診断されたりします。
ぎっくり腰も急性腰椎捻挫症と診断されるので、まさにぎっくりの首バージョンと言えますね。

ぎっくり首になるタイミングは、ぎっくり腰と同じで、以下のようなちょっとした動作がきっかけだったりします。

  • 首を回したとき
  • 前に傾いていたところから起こそうとしたとき
  • 寝返りをしようとしたとき
  • くしゃみをしたとき

寝違えとの違いは、寝違えは朝起きるときに首の痛みを感じるものですが、ぎっくり首は些細な動きから激痛になり、首を動かせなるほどの症状になります。

また、最近はデスクワークやスマホの影響でぎっくり首になる方が増えているそうです。
さらに、「ぎっくり」とは、腰や首だけでなく、背中、肘、膝、腕、肩など、関節があるところであれば、どこにでも可能性があるそうです。

ぎっくり首で病院に行くべき症状は?

ぎっくり首になった場合、必ず病院に行っていただきたい症状があります。
それは、首の痛み以外に、腕に痛みやしびれがある場合です。

腕に痛みやしびれがある場合、頸椎ヘルニアなど、首の骨が神経圧迫を起こしている可能性があります。
なので、首以外に痛みやしびれがある場合は、必ず病院に行くようにしてください。

ぎっくり首の原因は?

ぎっくり首の原因としては、以下のようなものがあげられます。

  • 普段の姿勢の悪さ
  • 猫背
  • 長時間のデスクワーク
  • ストレートネック
  • 長時間のスマホ操作
  • 慢性的な肩こりや首こり
  • 反り腰
  • 巻き肩

ぎっくり首は急性頸椎捻挫症と診断されますが、“捻挫”とは何かというと、関節や筋肉が無理をしすぎて、靭帯を痛めてしまったものを言います。
つまり、急性頸椎捻挫症とは、首の骨についている靭帯を痛めてしまったということなのです。

なぜ、痛めてしまうかというと、長時間のデスクワークでの影響で、猫背と反腰になる方も多く、その影響として、ストレートネックになる方も多いです。
ストレートネックは最近では、スマホ首とも言われているそうです。
猫背や反り腰の影響によりストレートネックになると、背骨に捻じったゆがみが生じるケースがあります。

捻じってゆがみがある状態で、長時間のデスクワークやスマホ操作をしていると、筋肉に限界まで負荷がかかってしまいます。
そうすると、首を支える柔軟性が失われます。
この限界が来てしまったという状態で無理な動きをすることによって、靭帯が無理に伸ばされたり、捻じられたりすることで、ぎっくり首になってしまいます。

ぎっくり首の治し方・対処法

ぎっくり首になった場合、大事にするのは無理に動かさずに安静にすることです。
患部を冷やすことで炎症を抑えることもできますので試してみてください。

ぎっくり首を自分でストレッチして治そうとかマッサージで治そうとかするのは、悪化させるので気を付けて下さい。
ぎっくり首を根治するには、ぎっくり首の原因となる骨格の歪み、首の骨の歪みや猫背や背骨の歪みを改善する必要があります。

痛みが治まったら必ず、骨格矯正を行っている整体院などで骨格全体の歪みをしっかり改善することが大事です。

ぎっくり首が治るまでの期間

ぎっくり首になった場合、安静にすることで3・4日で痛みは収まってくると思います。
ただ、痛みの影響で筋肉が硬直する場合は、痛みがさらに延びることもあります。
人によっては、1週間~2週間かかる方もいます。

ぎっくり首になった場合、痛みが引いたとしてもぎっくりになった原因となる骨格の歪みが治ったわけではないので、完治したと勘違いしないようにお気を付けください。

ぎっくり首は何科に行けば良い?

ぎっくり首になった場合、頸椎ヘルニアや頚椎症など、骨格の影響がある場合は、整形外科に行くようにしてください。
しっかりとレントゲンを撮って首の骨の状態を把握することが大事です。

場合によってはMRIなどで軟骨の状態を把握することも大事になってきます。

ぎっくり首の予防

ぎっくり首を予防する正しい姿勢

ぎっくり首の予防方法としては、長時間のデスクワークの姿勢の改善が大切です。具体的には、目線、手の高さ、座っている姿勢の改善です。

そのためには、デスクの高さや、モニターの高さと椅子の高さと形状が重要です。
こちらの図を参考にしてください。

ぎっくり首は根本から改善を

先にも述べたように、ぎっくり首は、背骨の歪み、背骨のねじれ、ストレートネック、猫背、反り腰などがもともとの原因になりやすいです。

日常の姿勢の改善も大事ですが、
歪んでしまっている体を正常に戻すことこそが、根本からのぎっくり首改善につながります。

痛みがなくなったら完治ではありません。
痛みを出した原因である炎症は収まったかもしれませんが、ささいな動きで痛みを引き起こす体の歪みや負担がなくなったわけではありません。

一度でもぎっくり首になった方は、原因の大元を、根本からしっかりと改善していくようにしましょう。

  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」バナー