猫背から始まる巻き肩、反り腰の症状とリスク

東京・千代田区で猫背、巻き肩、反り腰の悩みを抱える女性

この記事では猫背からはじまる巻き肩(まきがた/両肩が胸より前にでてきて内側を向いている状態)、反り腰(そりごし/背中が反っていて腰が前に突き出した状態)の症状とそのリスクについてお伝えいたします。

巻き肩、反り腰は猫背からはじまる

猫背、巻き肩、反り腰は、デスクワークで働くことの多い女性からの相談が多い傾向にあります。と言いますのも女性は事務職の方が多くてPCをよく使うので背中を丸めながら仕事をする姿勢になりやすく結果的に猫背になりやすくなります。そして猫背になると自然に肩も丸くなって巻き肩になります。

猫背になると頭が前に傾くので肩が凝りやすくなります。そうすると肩こりのつらさを緩和するために背中や腰をそらすようにして頭の位置を後ろに持ってこようとします。こうして反り腰になります。

反り腰は、猫背でつらくなった肩こりを緩和するためにとる姿勢で、反り腰で腰痛が出るとまた前かがみに戻り、肩こりと猫背が進行します。肩こりがつらくなると反り腰の姿勢をまたとるようになり、肩こりと腰痛を交互に繰り返すようになるのです。

このように猫背から巻き肩、反り腰の症状は始まりその悪循環は繰り返される傾向にあります。

猫背が引き起こすリスク

猫背は背中が丸まっているだけでなく、実は腹筋や横隔膜や肋骨が固まっている状態です。ですので、猫背を改善するには、肋骨、腹筋、横隔膜を調整して動くようにして、元の正しい位置に戻してあげる必要があります。

横隔膜や腹筋が固くなるのは実はデスクワークで骨盤が広がってしまっているのも関係があったりします。骨盤が開いて猫背になると、内臓が下がるので太ったわけではないのに、おなかが出ているように感じたりします。
そして、骨盤が開いて猫背になって内臓が下がると、便秘や胃腸の調子も悪くなります。また婦人科系の病気にもなりやすくなり、妊娠もしづらくなり、妊娠しても流産しやすくなることもあります。

肋骨はアコーディオンを思い浮かべてもらったらよいのですが、アコーディオンは広げると空気が入り、閉じると空気を押し出しますよね?肋骨もまるっきり同じで肋骨が開くことで空気が入り、肋骨が縮むことで空気が出ます。
肋骨が固いと呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると代謝が落ちるので太りやすくなり、免疫力も低下しやすくなります。そして循環器にも負担がかかるようになってしまいます。

巻き肩・反り腰・猫背を改善するなら

猫背を改善するには、まず患者さんの過去の怪我や経験をヒアリングして触診し原因を究明する必要があります。
そして原因となっているポイントを刺激し、筋肉が張っている部分を緩めるなど調整を行い、身体の歪みを生じさせている骨格や関節の硬さを和らげるなどの骨格調整も必要になります。

このように、猫背や巻き肩、反り腰の改善には、背中や腰だけでなく、肋骨、腹筋、横隔膜へのアプローチや、骨格調整を行うことも検討していきましょう。

  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」LUXAバナー