新型コロナの後遺症の症状と改善に関して

コロナの後遺症

【新型コロナウイルス感染症後遺症の症状】に関して

今現在、新型コロナウイルス感染症による後遺症は200以上と言われています。
人によって千差万別、今までの風邪やインフルエンザでは考えられないものになっています。
ただ、
最近では対処法も少しずつ分かってきたりもしています。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)から出ている情報では、
一般的にたくさん報告されている症状は、倦怠感、呼吸困難、咳、関節痛、筋肉痛、胸痛になります。他にも、頭痛、認知障害、発熱、動悸、味覚障害、嗅覚障害などがあります。

各種症状

【呼吸器系の症状】では
息苦しさ、咳、痰、咽頭痛、息切れなどがあります。

【循環器の症状】 では、
胸痛、動悸、倦怠感、四肢のむくみ、冷感、失神などがあります。

【味覚や嗅覚の症状】では、
においを全く感じない・またはにおいが弱い、においが別の物に感じる、味を一切感じない・味がいつもより薄く感じる、食べ物が全くおいしくない、味が異なって感じる、常に口の中が苦く感じる・甘く感じるなどがあります。

【筋肉系・神経系の症状】には
肩こり、疲労感、倦怠感、筋力低下、集中力低下、姿勢を支えられないなどがあります。

【精神系の症状】では、
睡眠障害、不安障害、気分障害、依存症などがあります。

【痛み】に関しては、
腰痛、背部痛、胸部痛、頭痛、喉の痛み、頸部痛、関節痛などがあります。

【皮膚における症状】としては
発疹、炎症、脱毛などがあります。

新型コロナの後遺症は、罹患後だけでなく、ワクチンでも同じような症状が起きています。

倦怠感、頭痛、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、思考力の障害や抑うつ症状などが、いつ終わるかもわからずに、長期にわたって続きます。そのため新型コロナ感染症に罹患された患者さんが、学校に行けなくなったり、職場に行けなくなったりと今までの社会生活が送れなくなったり、非常に難しくなっている方が、増え続けています。

ちなみに、この症状が出るのは、新型コロナ感染症にかかった方だけでなく、実はワクチンでも同じように後遺症に悩まされている方もいます。

新型コロナ感染症は、風邪やインフルエンザとは全く違ってかかった後にも症状が残ってしまう非常に稀な感染症となります。

【筆者がかかったヨーロッパにおける感染症】

私は、フランスのパリに住んでいた時に、ある病気にかかりました。
その病気は日本では全く知られておらず、日本語に訳すと「伝染感染症」としか翻訳ができませんでした。
一般的には、猫や犬との経口接触によって起こることによって「キス病」というニックネームが付けられていました。

症状

症状としては、
まず最初に、風邪のような症状が出ます。
熱や倦怠感、筋肉痛など
それは2.3日もすれば落ち着きます。
その後、倦怠感と思考力低下と動悸がひどく、病院にかかりました。
その際に教えていただいた病名の日本語訳が「伝染感染症」でした。
病院にかかった際にはウイルスは、退治されて白血球の数値でウイルスが入ってきたことがわかるということでした。

【倦怠感】はひどく、立っていること、座っていることが非常にしんどくて、すぐに寝転がっていたいと感じました。
【思考力低下】はどうしようもなく、本や新聞など、文字を長時間読むことは不可能でした。5分くらいしか集中できず、音楽やテレビを流しっぱなしにして気分転換をしていました。

【動悸】に関しては、
階段を5段くらい上がると息が上がってしまい、階段はほぼ使えなかったと記憶しています。常に移動するときはエレベーターとエスカレーターを使っていました。

その当時、フランスで語学学校に通っていましたが、休まざる負えませんでした。

改善方法

【改善方法】に関して
お医者様に言われた改善方法は半年すればよくなるというものでした。

実際に半年経過するころには、倦怠感、思考力低下、動悸は改善され、普通に日常生活を送れるようになっていました。

未だに謎なのが、フランスに存在しながら、日本ではほとんど聞かない病気なのがすごく不思議なのです。

今回のコロナの後遺症を聞くとすごくその当時の自分の状況に似ていると感じました。

【現在のコロナ後遺症における治療方法や改善方法】に関して

現在、病院やクリニックにて、行われる治療方法に
【上咽頭擦過治療(EAT、Bスポット療法)】というものがあります。
新型コロナ感染症の後遺症の治療法として少しずつ広がっています。

味覚や嗅覚の異常も上咽頭の炎症によって起こるということがわかってきました。
もし、味覚障害や嗅覚障害が今現在もある方、新型コロナ感染時に味覚障害や嗅覚障害があって今は、味覚障害も嗅覚障害も改善したけど、倦怠感や思考力低下がある方などは、上咽頭擦過治療を調べてみて専門の病院に行かれるとよいのではないでしょうか?

【胸痛、腰痛、頭痛に伴う倦怠感がある方】

こちらの方も一度上咽頭擦過治療を受けられるとよいと思います。
その後に筋肉や骨格の歪みを調整するような骨格矯正系の整体を受けられることをお勧めます。
現在までにうちの整体院にも新型コロナ感染症の後遺症に悩まされていた方が数人いらっしゃいました。

うちの整体院に来てくださった方の多くが胸痛がメインに肩こりや首の痛みや腰痛に悩まされている方でした。
猫背だったり、反り腰だったり、首が左右に歪んでいたりと、歪みのひどさと、骨格の動きの悪さ、筋肉の硬直状態がひどい状態の方が多くいらっしゃいました。

【発熱と筋肉の硬直】には

大きな因果関係があります。
あまり知られていませんが、人間の身体の特性として、炎症反応が起こると筋肉が硬くなります。
そのため、発熱時に筋肉痛を感じると思います。
新型コロナは、高熱になること、一気に高熱になることにより、炎症反応が強く起きているのですが、それにより筋肉が硬直するのです。

熱は下がって、炎症反応が治まっても、筋肉の硬直は治りません。
そのためにワクチン接種された方が腰痛になったり、頭痛がひどくなったり、肩こりがつらくなったりするのです。

先ほどの上咽頭で炎症が続いているようであれば、病院の適応なのですが、筋肉の硬直やそれに伴う関節の可動域の減少による腰痛や肩こり、頭痛、胸痛は整体やマッサージの適応と言っていいでしょう。
筋肉痛だけであれば、マッサージでもよいと思いますが、腰痛や肩こり、頭痛など、猫背や反り腰、骨格の歪みによる痛みが強く出ているようであれば、骨格矯正系の整体の適応となります。

【院長より一言】

うちの整体院にはコロナ感染症の後遺症による胸痛に数か月悩まされていた方や、新型コロナのワクチンで胸痛と首の痛みが消えず、3か月も悩まされていた方などがいらっしゃいました。
胸痛や腰痛、肩こり、首の痛みさまざまな後遺症の方がいらっしゃいましたが、みなさん、しっかりと改善していってます。
一回目からしっかりと変化を感じられますので、ずっと後遺症に悩まされている方、ぜひ一度いらしてください。

  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」バナー