ゴルフ腰痛の原因と予防

ゴルフ腰痛に苦しむ男性

ゴルフをされる方たちの中に、腰痛に悩まされる方がいます。

ゴルフでなぜ腰痛になるのか?その原因と改善法をお話ししたいと思います。

ゴルフ腰痛の原因

ゴルフ腰痛は、一番はスイングのねじりによって腰の筋肉や靭帯が引っ張られてしまうことが原因になりやすいです。

ゴルフのラウンドや練習後に、腰に痛みをおぼえたことがある方が多いと思います。
これはスイングする際に、ゴルフクラブの遠心力で腰が関節の可動域以上に回旋することにより、筋肉に負荷がかかりすぎて筋肉が過緊張したり、傷ついたりすることによって起こります。
スイングの際に過緊張するのは、右利きの方であれば、右の腰が引っ張られるので、右側に痛みが出やすくなります。

ゴルフ直後の腰痛の改善方法

ゴルフ直後の改善方法としては、以下のような方法があげられます。

・腰部における筋肉が傷ついた炎症を冷やしてあげる。
・湿布をする。
・安静にする。
・湯船に長くつからない。
・腰部をストレッチしすぎない。

腰部の痛みが出ないようにする予防方法

腰痛の予防方法としては、以下のような方法があげられます。

・骨盤周りの筋肉のストレッチ。
・肋骨のストレッチ。
・ゴルフする前に腰部にキネシオロジーテープを張る。

【ゴルフ腰痛の根本改善のための姿勢改善】

ゴルフは背中を軸に回転させるスポーツです。構えが前傾姿勢になり、首から腰にかけてまでが、地面に対して斜めとなります。
そして、頭の重さを斜めになった背骨で支えながら、背骨を回転軸として回旋します。
これは、非常に腰に負担のかかる動きになります。

場合によってはぎっくり腰やひどい場合は、椎間板ヘルニアになることもあります。

普段の姿勢が猫背だったり、反り腰だったりとした場合、軸となる背骨が歪んでいる状態でのプレーを余儀なくされます。
そうなると、背骨を中心に回旋することが非常に難しくなります。
その状態でプレーをし続けると故障をするのも当然と言わざるを得ません。

今腰痛がある方にお聞きします。

・猫背や反り腰だったりしませんか?
・右肩と左肩の高さが違いませんか?
・左右に捻じった時に、捻じりやすい方と捻じりにくい方法がありませんか?
・足を組む癖がありませんか?

これらに当てはまる方がゴルフをされていて痛みがあるとしたら、原因は体の歪み、姿勢の歪みから出ている可能性が十分あります。
もし、今痛みがなくても、これらのことが当てはまる方は、腰痛になる危険があるので早めに対処していただいた方が良いかもしれません。

ゴルフの腰痛改善のための整体

背骨や肩、腰が歪んだ状態でプレーすると、体には負担が大きくかかります。
もし、歪んだ姿勢が腰痛の原因だとしたら、姿勢の改善がなされない限り、腰痛が根本的に改善することはありません。
ゴルフをすると腰痛が出るのが当たり前と思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。

腰にかかる負担は人それぞれです。
・猫背
・反り腰
・骨盤の歪み
・背中の筋肉の突っ張り

それらが複合的になり、スイングするときに筋肉が伸びにくくなった状態で、筋肉を使おうとしているとしたら、車で言えば、ブレーキがかかっている状態でアクセルをしている状態になります。そんな状態で車を走らせ続けたら、故障してしまいます。
身体もそれと同じで、ブレーキのかかった状態でアクセルを全開にしたら痛めても当然です。

そうならないために、ゴルフをするなら、姿勢改善をしっかりと行うことをお勧めします。

猫背の改善も反り腰の改善も、骨盤の歪みも整体であれば対応ができますので、腰痛がある方、腰痛がないけど骨格の歪みがある方はぜひ姿勢改善の整体を受けてみてください。

姿勢改善を行った後のゴルフ

姿勢改善をすれば腰痛になりにくくなりますし、怪我もしにくくなります。
腰痛の予防になり、ゴルフをもっと楽しめるようになります。

そして、姿勢改善によって痛みがなくなるのはもちろん、関節の可動域や筋肉の柔軟性が上がることにより、実はゴルフのパフォーマンスが上がったりします。

過去に施術した方の例では、60代の女性でドライバーの飛距離が200Yから240Yと、40Yも伸びた方がいらっしゃいます。

ゴルフ腰痛改善はもちろんですが、ゴルフのパフォーマンスを上げるためにもぜひ姿勢改善に取り組むことをお勧めします。

  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」LUXAバナー