ゴルフ

ゴルフをされる方に多いのは、痛みがある方であれば、腰痛の方が多くいました。それとゴルフの飛距離を伸ばしたいという方が多くいました。

ゴルフにおける腰痛の多くは、背骨、肋骨、骨盤の筋肉が固くなることにより、可動域が狭い中でプレーをすることで、無理に稼働させることによる筋疲労と筋肉の浅い断裂が起こりやすくなることによる痛みでした。
改善するには、しっかりとねじれるように可動域を広げることが大事になってきます。
実は、飛距離に関しても同じことが言えます。可動域の狭さにより、スイングが小さくなる、もしくはスイングスピードが上がりにくくなるのです。
ゴルフで最高のパフォーマンスを発揮するためには、ただティーチングプロに教わるよりも、しなやかな体作りこそが大事なってきます。
本当にパフォーマンスを向上したい方は、いかに肋骨と骨盤の可動域を広げるかそこに着目してみて下さい。

PAGE TOP