産後の骨盤矯正

女性は、赤ちゃんを出産する際に、骨盤の恥骨結合という恥骨の部分を緩めて、出産します。
そのために出産後は骨盤が緩く広がっていることになります。
出産後にそのままほっておくと、骨盤は広がったままになり、内臓は下がりやすくなり、身体は猫背気味になりやすくなります。
1人目までは、多少、お尻が大きくなったかなという程度かもしれませんが、2人目出産の際はさらに広がり戻りにくくなります。
昔の女性が産後に骨盤が大きくなり太りやすくなるのはそういった原因があげられます。

出産後1ヶ月~6か月の間は実はゴールデンタイムとなります。
出産後に元の状態に戻ろうとしているのでその際に、美骨格メソッドにより、しっかりと骨盤のゆがみと広がりを整えてあげることで妊娠前よりも骨盤をしっかりと占めることができます。

「実際に」
ほぐすんでは、産後の女性が妊娠前のパンツが緩んだケースのお話も聞いています。

PAGE TOP