巻き肩の原因とは?改善したときの変化についても詳しく解説

巻き肩

すっかり生活に欠かせなくなったスマホ。
皆さんは一日にどのくらい使っていらっしゃいますか?多い人は10時間以上触っていることもあるとか。ついつい見てしまうのは仕方がないかもしれません。
ですが、長時間スマホをのぞき込む姿勢を続けていると、「巻き肩」になってしまいます。

今日はそんな巻き肩の原因や基礎知識、対処法などをお伝えします!

巻き肩の原因

巻き肩の原因は、スマートフォンを触っていたりデスクワークなどで腕を前に持ってきた姿勢でいることが大きな原因となります。
ただ、巻き肩になる過程には同時に猫背も起こっています。大体の人は巻き肩よりも先に猫背になります。その後、猫背から巻き肩になります。巻き肩になると常に肩甲骨が外に開く状態になり、肩こりや首が凝りやすくなります。背中も丸まるため背中も常に丸く突っ張る形になります。
その状態を長く継続すると肩関節が常に固まり可動域が狭くなります。その状態を続けることで肩関節には筋肉の硬直とともに硬結ができるようになります。
硬結ができたり硬直した筋肉を無理やり動かし続けているとある時に筋繊維が傷ついたり、靭帯に無理が生じることで、四十肩や五十肩と言われる肩関節周囲炎になります。

巻き肩を放置していると

長いこと巻き肩でいると鎖骨や第一肋骨といった肩回りだけでなく、胸につながる骨や関節も可動域が狭くなります。第一肋骨と鎖骨の下には、腕につながる動脈や神経が通っています。そこが圧迫されることによって、手にしびれや痛みといった症状が起こることがあります。その症状のことを胸郭出口症候群といいます。
胸郭症候群になると痛みやしびれが起きたりするのですが、原因は鎖骨や第一肋骨が動脈や神経を圧迫することなので、ひどい場合は整形外科では鎖骨や第一肋骨の切除といった手術での治療になるケースがあります。
猫背、巻き肩になって長期化すると首が前に出て反りが強くなることで、頸椎や軟骨が圧迫されることにより頸椎ヘルニアになる可能性もあります。

ストレッチやマッサージでは対処できなくなる場合も

先ほどの胸郭出口症候群を引き起こす、鎖骨、第一肋骨の可動域が狭まっている場合には、さらに首の負担は大きくなり、ストレッチやマッサージでは太刀打ちできなくなってしまい、症状の緩和や原因の緩和も整形外科やマッサージなどでは、非常に難しくなるケースがあります。

院長から一言

巻き肩や猫背でも痛みはない。もしくは巻き肩で多少肩こりはあったとしてもそこまでひどい症状ではないとか、マッサージや整体に行けば、1か月は持つし今は大丈夫とおもっているかもしれません。
今は大丈夫だとして、何年かもしくは10数年経過すればそれ相応の症状が出てきます。鎖骨や第一肋骨の可動域がまだあるうちにうちに対処される方が、長い目で見たときには間違いなく時間的な負担、金銭的な負担も少ないはずです。
なかなか自分に合ういい整体がないと感じていらっしゃったら、もしよければ、ぜひ一度ほぐすんの根本改善のメソッドを一度受けてみてください。
他の整体との違いに必ず気づけます。

  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」へ予約・お問合せ
  • 半蔵門の整体院「ほぐすん」へLINEで相談
  • 東京・千代田区半蔵門・麹町の整体院「ほぐすん」AUPAYバナー